--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-10

ニモ・・・

ちょっと時間が空いたけど水族館まで行く時間もパワーもない時は、
近くの大型ショッピングセンターのペットコーナーとかを息子に
見せてお茶を濁すときがある。

ウチの子はまだ3歳なので、そんな子供だましに
しっかり騙されてたりする。

それはそれで親としてはありがたい。

その店では絶対に買わない仔犬や仔猫をガラス越しに見て、
動物の動きに即座に反応して

「ねぇ!パパ見てっ!ワンちゃん達遊んでるよ!」

「あ、こっちのワンちゃん何かお話してるよ!」

とか、楽しそうに眺めてくれるのはほほえましい。


そして、アクアコーナーに行くと『ニモ』を探すことになる。

珍しい魚であるはずのカクレクマノミではあるが、最近の
ショッピングセンターではどこでも1匹から2匹常備している。
子供はそれに『ニモ』と『ニモパパ』という名前を勝手につけて
遊んでる。

ある日、それが売れてたりすると

「あえぇ~?なんでいないのかな?お休みしてるのかな?」

と悲しそうにするので、

「そうだよ。今日はお休みなんだよ。今度来た時は元気にいるよ!」

などと励まさないといけなくなる。
ゼロ匹では子供が悲しい思いをするので、
1~2匹が妥当なところではないだろうか。
もし3匹いると、そいつの名前を考えないといけなくなる。

1匹目:ニモ  (一番体の小さいヤツ)
2匹目:ニモパパ(体の大きいヤツ)
3匹目:誰だこいつ!?
    ニモママはオープニングで食われてるので使えない・・・


そんな時は、子供の手をムリヤリ引っ張って
別の水槽に移って誤魔化したりする。




しかし、その貴重なはずのカクレクマノミが
こんな感じでいたらどうだろう?!
061231_143726.jpg


そして、隣の水槽にはこんな感じで。
061231_143712.jpg

その隣の水槽も・・・



もう登場人物を考えるどころではない。


子供も戸惑っている。

唯一発した言葉が、

「・・・パパこれニモなの?」

既にこのカクレクマノミには何の価値もない。







そういえば、最近もっと凄い水槽を見た。


カクレクマノミではないが↓こんな水槽だった。
070108_120651.jpg

横幅は80cm以上はあるデカイ水槽なのだが、
横から見ても向こうが見えない!
070108_120623.jpg




入れ過ぎ!

キモ!







スポンサーサイト
DigitalClock
プロフィール

ワキサン

Author:ワキサン
美味いワインと飯とクライミングとファミリーが幸せの素。
自分がタバコをやめてからは大の嫌煙家。
あと、微妙にいろんなグッズの収集癖アリ。

訪問者
今の閲覧者
現在の閲覧者数:
無料カウンター
リンク
あなたに伝えたい、偉人からの伝言
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。