--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-26

神戸で新たな二段 『秘境』

前回のリベンジで神戸に行ってきました。
今日の岩場は空いてるし天気もいいし最高でした。
P1000778.jpg

しかし、成果は・・・

クリームタイムのマントルで落下orz
まあ次があるさと気合を入れたところでハプニング発生。

『あっ!』 by サイボー


サイボーグの靴(テスタロッサ)の片方が川に落ちたらしい。

みんな爆笑のなか緩やかに岩の隙間を通って下の段へと流れていった・・・
流れも緩やかなので下の段で拾えばいいやと・・・

しかし、一向に靴が流れてこない。

靴と一緒についてたカラビナが錘になったのだろうか???


ってことでみんなで捜索開始でつ!

P1000780.jpg

こんな体勢や、
P1000781.jpg

何故か脱いだり、
P1000784.jpg

岩の下から
P1000787.jpg

岩の上から
P1000788.jpg

いろいろ頑張ったんですが結局拾い上げられず。
P1000790.jpg

じゃあ当然こうなるわけで、
(服は脱いでも膝サポーターは決して外さないサイボーグ)
P1000793.jpg

狙いを定めて・・・
P1000794.jpg

ほぼ頭から突っ込んだ感じで一撃!!!
P1000795.jpg

水から上がる際にも眼鏡を落とすハプニング!
(これは事なきを得ましたが)
P1000796.jpg


サイボーさん曰く、課題名『秘境(推定二段)


ちなみに、寒いはずなのに、なかなか服を着ずに
まず先にサポーターを取り付けるサイボーさんっす。
P1000799.jpg

ちなみにサイボーさんはノーパンのままスチャダラをトライしてましたがナニカ?
しかも、かなり惜しいところまで行ってましたが。


あ、ちなみにアタクシのクリームタイムっすか???

まあ、どっちでもいいじゃないですか。

こんな感じで敗退っす(>_<)




スポンサーサイト

2007-02-23

グルメモ ~さすがのじょじょえんキムーチ~

最近食ったもので感激したのはこいつだ!

なんかTVで眞鍋カオリ(だったと思う?)が毎日買ってると
言ってた気がする。まあ、毎日ってのは嘘だとは思うが・・・

その番組を見てから、そのキムーチが気になり続けていたのだが、
近所のスーパーでは発見できずにいた。
それをたまたま普段行かない隣町のイトーヨーカドーで発見した。
んで、即買い。


で、食ってみると、、、


美味い!

マジで美味い!

辛味より甘味が前面に出てくる!

辛さはそんなでもないがとにかく美味い!


とまあ語彙が少ないアタクシなのでいくら説明しても
”美味い”か”旨い”しか出てこないワケで、どんなに
美味いかをみなさんにお伝えすることは出来ないorz

ちなみに、今は家族でキムーチを食うのはアタクシだけです。
嫁は授乳中のため辛いもの禁止でございます。
3歳のタイポンは流石に食えないだろう・・・

これはヤバイと思い、かなり控えめに食ってたはずなのに、
2日程度で完食してしまった。。。恐るべし!


20070223131335.jpg


まあ、気が向いたら騙されたと思って買ってみてください。

ちなみに630円ナリ。

他のキムチと比べると高いのが核心か・・・

ちなみに激辛が好きな人には辛さが物足りない可能性も・・・

2007-02-22

こんなものみつけました

先週、家族で東●動物●園に行った。

その帰り道でこんなものを見つけました。
P1000639.jpg


んんんんん????!!!!!


なんだ!そのモーレツにネタ臭がする五文字は!!!


その奥の柱には
P1000640.jpg

俺を建物の中に導こうとする(悪魔の)矢印がぁぁぁぁぁぁアアアアア!!!



ァア嗚呼、矢印の先に逝ってみてー!!!


でも、怖くて矢印の先に逝けネぇ~~~


嫁も子供も連れてるから逃げらんねぇーーーー(誰から?)


こんなときは、『石ころ帽子』がほすぃぃぃぃ~~~



って、ヤツラに気配を悟られないように息を殺したまま葛藤してたら、
良く良く見るとその向こうにヤツラが、既に、酢でに、すでに、スデニ
素手にいるではないかぁぁぁぁぁ!!!
しかも大量(>_<)
P1000641.jpg


ぉぉぉおおおおおおーーーー!!!!!

と心の中で絶叫し買ったばかりのデジカメを取り出し激写(死語)する。
こんなとき、最近のデジカメは立ち上がりが早くて助かる。
電源を入れてから、
うぃぃぃ~ん、がしゃがしゃうぃーん
なんて時間がかかってたら命まで落としかねない。


しかし、リードでは少しぐらいパンプしたぐらいで早々に
「張ってくださーい」なんて諦めの早い俺。
自らを奮い立たせる心の叫びも虚しく怯えきった心では
(百戦錬磨の)ヤツラの姿を捉えることなど不可能であった・・・
P1000642.jpg


見事なピンボケ。

明らかに動揺している ○| ̄|_



しかし、ボルダラーの端くれとしてはこのままでは引き下がれない!
一度退却し、セーフティーゾーンに移動して両手をシェイクし、
大きく息を整えてから別の角度からのアプローチを試みる。
P1000643.jpg


そしてついに、
(はるか遠くから望遠めいっぱいで)撮影することに成功した!
P1000644.jpg




と、まあ、動物園の帰りに思いがけない収穫があったわけだが・・・


今改めて思い返すと、歩行者達が一番怪しい視線を投げかけていたのは、
1人で歩道を小走りで移動しながら、デジカメを出したりしまったり、
ニヤニヤした後で突然真剣な顔をしたりする俺に対してだったような気がする・・・


あと、受付で「貸し衣装ありますか?」って本気で聞こうとしたことは内緒にしといて欲しい。


2007-02-15

初 神戸(かのと)の明暗(2:8)

2/12に以前から気になってた神戸(かのと)ボルダーに
行ってきました。

ここには高難度課題ばかりひしめき合っており、敷居が高そう
ですが、F皮君やサイボーグが行って、最高に楽しかったとの
ことなので、遅ればせながらアタクシも行ってきました。

というよりも、コンペが終わってようやく外に行けるようになったとです。


さて、この日はハプニングが多く良いことも悪いことも
あったのですが、まずはアプローチのお話から。




O下邸に7:30に待ち合わせ。
家族がまだ寝てるところをアタクシだけ早起きて準備です。
クライミンググッズも食料も纏めて、あとは、着替えるだけの状態で
寝室に入った瞬間、突然息子がムクっと起き上がる!

ヤベッ・・・
起きて来たか・・・

「お、おう、タイポンおはよう!起きたか?」

流石にかわいい息子の起床を無視するわけにはイカナイだろう。

このまま寝室で放っておくと、大声で叫び続け、嫁も娘も起こして
修羅場になるに違いない・・・
とりあえず1Fに連れて行くか・・・
20070216025557.jpg

まだ寝ぼけてる息子を1Fに連れていき、荷物を纏めて
着替えをしてると、

「パパどこ行くの?いっしょにあそぼうよぉ~」



「・・・えっ?お、お仕事だよ・・・」


「えーっやだやだ!おしごとはあした行って!
今日は、ぱぱといっしょにいたいの!」

としょんぼりした顔で見つめてくる。


「・・・・・・・・・・・・」


困った(汗)


マジに困った(汗)(汗)


パパを逃がすまいと手をつないでくる息子の手を
振りほどく訳にもいかず、ダッコしてなだめる俺。

しばし準備作業停止。

遅刻確実・・・

O下君スマン・・・


少し機嫌が直ったところでダッコ終了。
タイポンはまだ3歳半なのだがBIGなので洋服を着ると
20KG近くあるのですよ。つまり、長時間のダッコは
背筋と上腕二等筋が確実にパンプします。


話をムリムリぶった切って、仕事だから仕方が無い
ということにして強行に荷物を車に積み込み、
車のジュニアシートを降ろすと、

「パパ今日は、くるまでいくの?どうしてくるまなの?」

なかなか鋭いじゃないか息子よ!

パパの会社は日本橋だ。
普段は車で行くわけがない!
おりこうになったねぇ~


「ん・・・今日は車なんだよ。。。」

と何の説得力もない返事で返す俺。
納得してないのか、単に眠いのか微妙な息子。

こんなときは・・・

くすぐって誤魔化す!
これに限る。

「ウヒャヒャヒャ」とようやく強制的に笑顔になったタイポン。

そうこうしてると救世主(嫁)が2Fから降りてきた!

サンクス。

タイポンをムリヤリ嫁に預けて車に乗り込む俺。
O下邸には30分遅れの到着。

しかし、関越⇒圏央道のセレブドライブでカノトへ向かう。
30分遅れもすっかり取り戻した頃、ミノルからTELが。

「神戸園のすぐ近くまで来てるんすけど、工事中で通行止めで
行けないっす。歩くと40分ぐらいかかるそうなんすけど
どうしますか?」


まじっすか・・・(ToT)


「とりあえず、そこまで行くよ。」と返事。

ミノルのTELどおり神戸園への分岐で工事の誘導のおっちゃんが
「ここは通行止めで・・・」
という説明を受けるが、なんだかミノルが受けた説明と
微妙にちがう。とりあえず、その先にミノルが止まってる
のでそこまで車で入りみんなで作戦会議。
迂回も考えたが時間の大幅ロスは避けられない。

結論として、車でいけるところまで行き、
ダメになったら歩くということにした。

しばらく行くと閉鎖中のマス釣り場を発見。
そこには無料(?)駐車場と書かれている。
(マス釣り客のみだろうが・・・)
閉鎖中なのでここに止めて歩く。

しばらく行くと工事中の道路を発見。

なんだよ。思いっきり車通ってんじゃん!!!

近くの誘導のおっちゃんに聞いても
「大丈夫ですよ!車通れますよ!」だって(>_<)
結局、車を取りに戻って神戸園まで車で到着。

車を止めてアプローチ1分以内でアルファ岩を発見。
20070216022831.jpg

やはり高い。

その向こうのブラボー岩は既に誰かがいる。
おっと○クス○リバー軍団だ。
ムタンテ(四段-)を狙っている模様。

アタクシ達は先ずはその先のデルタ岩へ向かう。
20070216030828.jpg

ここには先客が1人だけ。
とりあえずここに荷物を降ろす。

で、その先の岩でアップ
20070216022840.jpg


アップ後にデルタ岩に戻った頃には人が増えていた。
まあみんなが登れそうなのはここしかないしね・・・
俺も含めて(>_<)
20070216022939.jpg


軽くトライしてると、このエリアを開拓した徳○さんがやってきた。
デジカムを持ってる。そして徳○さんに遅れること数分。

大先生の○ージさんが登場!!!
お約束のマット2枚です。
サブパットも入れると4枚ぐらいあります。

散髪してチョビヒゲを生やしてるのですんげぇ迫力!
なんでもプロジェクト(推定五段?)をトライしにきたらしい。

一気に場の雰囲気が変わりました。

大先生がホールドの掃除を始めると誰も岩に寄り付かない。
いや、すごいオーラで寄り付けない。
アップでヴァグと和となんだかわからない最近出来た3段
の課題とかをサクサク登ってプロジェクトへ。
アップだけでも見る価値十分です。
いいもの見せてもらいました。
20070216022912.jpg


結局プロジェクトは失敗に終わったのですが、
核心が始めて止まったとかなんとか。
まあ登れるのも時間の問題かと。

しかし、あの背中のデカさ!肩や腕の太さ!
動きの確実さ!体幹の強さ!にはビックリです。
アタクシもそんな体になろうと誓った瞬間でした。
20070216031144.jpg


ちなみに、大先生の掃除中に自分のペースでトライしていたのは、
唯一Oッシーさんだけ。凄い。
20070216023005.jpg



さて、アタクシ達はと良いますと。

ディエス(初段+)は直上ラインと思ってトライしてたが、
上手い人(大先生ではない)からラインが違うと説明を受け、
左から抜ける方法をトライ。しかも出来ず。orz
そして、大先生が来て、
「ボクが登ったときはまっすぐ抜けたんだよね。
 その後、みんな左から抜けるようになっちゃったんだけど。」

じゃあ最初のムーブでよかったんじゃん。
でも敗退。

その頃には既に気持ちはクリームタイムへ移ってましたわ。

アタクシは、どうやら出だしの部分が苦手のようだ。
そこさえクリアすれば後は比較的得意系なのに・・・

ミノルとY仲さんはデルタ岩の途中の適当なところから始めて
マントルで上に抜ける課題が2Qと聞き、それにトライしていた。
20070216022926.jpg

Y仲さんは、インドア12b/cの実力どおり完登。
20070216022946.jpg

で、ミノルはなかなか抜けられない。

そして、ミノルのその果敢な突っ込みが悲劇を生んだ・・・

マントルで力尽き若干回りながら落ちてきた。
しかも、右足はマットの外にあった下地の岩に着地!
その下地の岩には、撮影用の銀のゴザが敷かれていて
岩の存在を見落としていたのだった ○| ̄|_

結局、ミノルは右足の 距骨骨折 + 捻挫 というダメージを
負うことになった。
最近上り調子だっただけに残念だ。

マントルは落ち方が様々なのでスポットも難しいのだが、
それでも理想は、怪我せず落ちて欲しいし、可能な限り
怪我させないような上手なスポットをやりたいと思う。
そして自分も怪我しない落ち方を身につけたい。

個人的な感覚だが、特にルートクライマーはボルダリングで
突っ込みすぎる人が多いように思える。
ボルトルートでは出だしや特別にランナウトしていない限り、
突っ込んだ結果フォールしたところで基本的に怪我はしない。
しかし、ボルダリングでは、自ら飛び降りたときでさえ骨折する
可能性を秘めている。
限界から次の一手を出せるかどうかが勇気であり強さなのだが、
それ以上に、本当にダメな場合の見極めと着地態勢を整えるだけ
の冷静さと余裕も併せ持ちたい。

今回は足でまだよかったと思うことにしようと思う。
頭や首や背骨じゃなかったから。

今後はよりいっそう安全に気を配りたいと思う。


ミノルは、かなり冷たい川の水でずっとアイシングしていた。
キッチリ直してから復活して下さい!
20070216023020.jpg



ちなみに、ピラさんと一緒にスチャダラ(二段)もトライしましたが全く歯が立たず。
20070216023128.jpg

全てのムーブが自分の限界に近いため繋げると不可能に感じる。
これはすぐに登れる課題ではない。
根本的に身体張力が全然足りていないことを痛感した。

一言で言えば「鍛えなおし」ですね。

新たな目標が見つかった感じです。


2007-02-10

The North Face Cup A5 2007 を終えて

The North Face Cup A5 2007 を終えて思ったことを備忘録として綴ります。

今回のコンペで成功したことと失敗したことは以下の通り。

<成功したこと>
・トレーニング方法
  外を封印して1ヶ月集中してジムで登り込めたのは良かった。
  おかげで2級なら一撃~数便で完登出来るようになったのだが、
  登ってた課題に偏りがあったことは否めない。
  つまり、登ってた課題にはカチやポケット系の課題が多く
  ノースカップで出たようなスローパー系の課題への登りこみが
  圧倒的に不足していた。
・減量
  62kg以下を目標に絞っていったが、200g足りないところまで
  絞り込むことができた。
  指への負担という意味でも軽量化は役に立ったと思われる。
  その反面、筋力は低下していった。クライミングは力ではないが、
  技術が無いなら力で解決するのもひとつの方法である。
  今後は64~65kgまで筋力UPしようと思う。

<失敗したこと>
・前日の食事
  ガス欠にならないために、前日に炭水化物を多く採ることを
  心がけたが、普段の減量で小さくなった胃に炭水化物ばかり
  バカ食いしたおかげで胃腸がやられ、コンペ前夜からずっと
  胃痛と便秘(胃腸の活動が停止していた?)に悩まされた。
  何事も程ほどにするべきでした。
・コンペ慣れ
  ノースカップの前にいくつかのコンペに出て場慣れするべき。
  コンペに不慣れなのは痛かった。
  慣れてないと一度動揺すると立て直すのに時間がかかる。
・出題課題レベルの見誤り
  去年と同レベルの課題かとおもいきや、予選課題は全体的に
  去年より難しいと思われる。さらに準決勝課題についても
  少しだけ難しかったのではないだろうか。
  調整段階からもっと難しい課題を登りきる力を身に付けて
  おくべきだった。完全に自分の力不足である。
・スローパー対策
  遠い激カチ課題なら自信があったのだが、スローパー課題は
  基本的に苦手である。しかし、コンペで比較的多くでる課題は
  スローパー課題である。苦手系課題の登り込み不足を痛感した。
・遠いホールド対策
  元来遠い課題は得意系である。しかし、何故か最近やってたのは
  鯛Cさんのカチ課題ばっか。そもそも課題選びが間違ってた。


<今後のトレーニングについて>
今後の強化ポイントは以下の通り。
・スローパーの強化
・ポケット(特に一本指)の強化
・甘い(外向)ホールドの強化
・パランスが悪いムーブの強化
・ヒールフックの強化
・ランジの強化

つまりI井さん課題をやるってことだネ。


そして実践的なトレーニングも必要である。
・ムーブの読みのトレーニング
  課題を覚えてから二分以内に登りきる(決勝ラウンドを意識)
・セッション方式で休みを入れないトレーニング
  予選、準決勝と自分のタイミングでは登り始められない。
  よって、短い間隔で取り付き登りきることで、フレッシュな状態
  でなくても登れるクセをつける。
  回復力UPのトレーニングにもなる。
・体力トレーニング
  無駄打ちしても減らない体力が欲しい。


そして最終的な目標としては以下の通り。
・1級を2分以内に登りきる
・コンスタントに初段が登れる


コンペでは普段の実力の6~7割程度しか出せないと思った方がいい。
もっともっと実力を付ける必要を感じた。

弱いから登れない訳で強くなれば問題なし。

来年には、ミドルクラスに出るのは卑怯だと言われるぐらい
強くなって戻ってきたい。

2007-02-08

THE NORTH FACE A5 CUP 2007

The North Face Cup A5 2007 に行ってきました。

AM9:00に淵野辺駅集合です。
錦糸町からは、O下君とアタクシがミドルクラス。
Y仲さんとミノルがエントリークラスへの参加である。

アタクシは、去年準決勝敗退だったので、決勝進出を狙っていた。
そのために、正月の笠間以降、外を封印してインドアで
調整してきたのだった。

で、当日を迎えた。
丸1年ぶりのコンペである。
A5.jpg

20070205233532.jpg


みんなはコンペ初経験ってことなので、役に立つかどうか
微妙だがアタクシの拙いミニ知識を伝授してみた。
20070205234153.jpg


ミノルとY仲さんは実力的にはエントリーで確実に優勝争いする
レベルなのだが、Y仲さんの調子がイマイチあがってこない。
後から聞いた話ではコンペ前週に行ったスノボーで頭(+腰も?)
を強打したらしくフラフラだったとのこと。
20070205233604.jpg

そんなY仲さんとは対照的に、本日AM3:00帰宅の二日酔いで
参戦したミノルは、前半は全課題制覇(しかもほぼ一撃)という
絶好のスタートを決めた。
20070205233631.jpg

20070205233641.jpg


次はミドル予選である。
予選開始前に一番登りやすそうな壁の前に並ぶ。
しかし、決して列の先頭に並んではイケナイ。
短期決戦のセッション方式のコンペの鉄則として、
アゲアゲの波にのるためには、最初の課題は
絶対に一撃しなければならないからだ!
自分より前には5人以上並べさせて、彼ら(=モルモット)の
ムーブとホールドの良し悪しを確認する必要がある。
そして、自分は労せずして一撃するのだ。

ちなみにアタクシが並んだのはA2壁の課題。
O下君とピラさんはB2壁の課題をお買い得と判断。

そして予選スタート。
20070205234934.jpg


アタクシの前にはモルモットが8人ほど。

しかし、ここで予想外の出来事が!

8人のモルモット達が全て終了点はるか手前で散っていく・・・
ちなみに隣の課題を見渡しても完登してるヤツはまだゼロだ・・・
もしかして去年より課題の難易度が上がっている???

そしてアタクシの番が。
しかたねぇ~自力で解決するか・・・

おっと、このホールドは思ったより悪い・・・
おっと、このポッケ思ったより遠い・・・
おっと、このスタンスかかり悪いなぁ・・・

とまあここまでは問題なし。
そして、カンテを使って体を起こして、終了点にギリギリ届くかな?
まあ届くだろう!って迂闊に手を出して
└(∀`)┘メローン(動画)

もう少し体を上げてから手をだしゃぁ良かったか・・・
と気軽に反省したけど、これが思わぬ大苦戦の始まりでした。

ええ、そうなんです。

アタクシ、知らず知らずのウチに舞い上がってたみたいで・・・

しかもアタクシがモルモットになってムーブ解析したようで、
みなさんカンテをきれいに使って登っていく・・・

まあ次は登れるだろうと確信して取り付くとスタート直後に
└(∀`)┘メローン(動画)
また列に並び直すが、さっきよりもブサイクに
└(∀`)┘メローン(動画)

これで完全に浮き足立ってしまいました。

流石にこのスパイラルを脱しようと課題を変えました。
ミノルに完登率の高い課題を調べてもらってる間に誰も並んでない
A4壁の課題をトライ。
a4


悪い・・・

スローパーのマッチまではいくのだが、次の一手がバランス悪い。
何の気合も感じず└(∀`)┘メローン(動画)
誰も並んでないので3,4回連続打ちしたが消耗の一途のため
課題チェンジ。

次はミノルのお勧めのB3壁へ移動。
b3


見た感じランジ2発のボーナス課題っぽい。

しかし、既に体全体が縮こまってる・・・
最初のランジで落下 O| ̄|_



ありえない・・・



あんなガバなのに・・・



小学生でも止めている・・・



リーチ王のこの俺が・・・


この日はこれで終了かと思いました。
マジで・・・

でも、ホント、ミノルやY仲さんの応援に助けられました。
1人だったら復活できなかったかも?

これが現実と自分の非力を認め、次のトライでは全力で飛びました。
事前にY仲さんに終了ホールドの効く位置を聞いておいたので
ようやく1課題完登(動画)6級ぐらい。


でもまだ落ち着かない。

次は誰も並んでないB4壁。
b4


下部が激カチで上部がマントル。
何で並んでないんだろう???
もしかして悪いのか???

落ち着かないまま取り付くと・・・悪い。

一手目の激カチを左手で保持ろうとするが全く効かない(気がする)
しかもそうこうしてるうちに手がヌメッてくる(緊張のあまり?)

しかたねぇ~(ヌメる前に)正解ムーブと思われる
右手クロスでとるか。
と激カチを握って左手はカチへガストン。
バランスを崩しながらも、よし止まった!
K点を右手で確実にとったあとでデカスローパーを取ってマントル。
よーし一撃(動画)4級ぐらい。
これで2課題完登。

次はまだ完登者ゼロのB2課題。O下君も敗退らしい。
ちなみに誰も並んでません。
b2


こいつも2,3回連続トライしたけどダメ。
多分2級ぐらい?
時間がかかりそうなので課題チェンジ。

そろそろ体もほぐれてきただろうと思い最初のA2壁へ。
これも4回目の正直でようやく完登(動画)3級ぐらいか?

そして次は、長蛇の列になっているA1壁のスラブ課題。
20070205234343.jpg

残り時間はまだ40分ぐらいあるけど、今のうちから
並んでおこうと思って並んだのが大正解!
スラブだけに完登者も落下者も粘って粘って
完登or落下するため全然列が進まない。

残り20分ぐらいで並んだらイライラするだろうなぁ~
この列に並びなおすのはイヤだなぁ~
って外岩で顔見知りのボルダラーさんと食っちゃべりながら
25分ぐらい並んでようやくアタクシの順番が。

バランシーでしたが楽勝で完登(動画)5級ぐらいか。


そして、残り15分。

B1壁のルーフが絶対に登れそうなので並ぼうとするが、
ルーフなのだがガバなのでみんなが耐えるから列が進まない。

ってことで比較的空いてるA3壁へ。
a3


アタクシの前に5人ぐらい並んでたのでムーブをチェック。
そして、危なげなく完登。
(ミノルがエントリー予選第二ラウンドの準備のため動画はなし)
これで5課題目。

次のB1壁に並んだところで予選終了。


さて結果は・・・

10位で無事予選通過しました。
予選通過者は23名。
去年より課題のレベルが高かったようです。
ミドル予選リザルト


次はエントリーの予選2ラウンド。
ミノルは相変わらず楽勝で登るも2つの課題だけがどうもダメらしい。
Y仲さんはリーチに泣かされてる様子。
Y仲さんは遠いのを取るテクを身に付けたら凄いことになるだろう。

終わりまで見れずにミドル準決勝の準備です。

タウリンをぶち込んでいざ出陣!

準決勝は4課題。
A2,A3,B2,B3の壁で行われる。

まずはA2壁の課題。
壁の角度は100度前後だろうか。
基本的にはカチ課題なのだが、手も足も全てのホールドが丸い。
気を抜くと足が滑って落ちる。
甘いカチとカンテ沿いの薄っぺらいホールドを持って
バランスの悪いジブスへ足を上げてランジという課題。

アタクシの前に並んでた人達も落ちる。
そして、アタクシも落ちる(動画)

ダメだ・・・

次は比較的空いてる(=難しい)B3壁へ移動。
これはポケット課題だ。
そんなに不得意ではない課題と思うのだが・・・
なんだかポケットの感覚がいつもと違う。
ポッケをデッドで止めるとパキりそうで怖い。
そもそも動きが硬い。
敗退(動画)この課題は完登者ゼロでした。

次は隣のB2壁へ。
こちらは遠いスローパーをガストンで取る課題。
こちらも余裕の敗退(動画)

次はA3壁。
見た目は悪くないのだが、触ってみると悪い。
全てが甘く外向している。
敗退(動画)
この課題は優勝者だけが完登していた。


どの課題もホームジムにあれば登れそうなのだが、
舞い上がってる状態で制限時間内に落とすことの
難しさを感じた。

もっともっと強くならなければ・・・

結局、いろんな課題をちょこっとずつ触って弾かれ、
攻略方針も決められないままタイムアップ。
K点1個では決勝進出するわけもなく去年と同じ準決敗退。
ミドル準決リザルト


エントリークラスで決勝ラウンドに進出したミノルの雄姿を見て、
キッズの熱い登りを見て、ミドルの試合を見て悔しさ一杯で
会場を後にした。ミノル以外は全員悔しさ一杯だった。

コンペを終えて、今現在の自分に足りないものがハッキリした
ことだけが唯一の収穫だった。
来年はそれらを鍛え直してミドルの決勝ラウンドに進出したい。

O下君、Y仲さん、ミノルにピラさん。
鍛えなおして来年も出よう!
そして、みなさんお疲れ様でした。
20070207234212.jpg



次の記事はモーレツ反省会っす・・・

DigitalClock
プロフィール

ワキサン

Author:ワキサン
美味いワインと飯とクライミングとファミリーが幸せの素。
自分がタバコをやめてからは大の嫌煙家。
あと、微妙にいろんなグッズの収集癖アリ。

訪問者
今の閲覧者
現在の閲覧者数:
無料カウンター
リンク
あなたに伝えたい、偉人からの伝言
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。