--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-15

初 神戸(かのと)の明暗(2:8)

2/12に以前から気になってた神戸(かのと)ボルダーに
行ってきました。

ここには高難度課題ばかりひしめき合っており、敷居が高そう
ですが、F皮君やサイボーグが行って、最高に楽しかったとの
ことなので、遅ればせながらアタクシも行ってきました。

というよりも、コンペが終わってようやく外に行けるようになったとです。


さて、この日はハプニングが多く良いことも悪いことも
あったのですが、まずはアプローチのお話から。




O下邸に7:30に待ち合わせ。
家族がまだ寝てるところをアタクシだけ早起きて準備です。
クライミンググッズも食料も纏めて、あとは、着替えるだけの状態で
寝室に入った瞬間、突然息子がムクっと起き上がる!

ヤベッ・・・
起きて来たか・・・

「お、おう、タイポンおはよう!起きたか?」

流石にかわいい息子の起床を無視するわけにはイカナイだろう。

このまま寝室で放っておくと、大声で叫び続け、嫁も娘も起こして
修羅場になるに違いない・・・
とりあえず1Fに連れて行くか・・・
20070216025557.jpg

まだ寝ぼけてる息子を1Fに連れていき、荷物を纏めて
着替えをしてると、

「パパどこ行くの?いっしょにあそぼうよぉ~」



「・・・えっ?お、お仕事だよ・・・」


「えーっやだやだ!おしごとはあした行って!
今日は、ぱぱといっしょにいたいの!」

としょんぼりした顔で見つめてくる。


「・・・・・・・・・・・・」


困った(汗)


マジに困った(汗)(汗)


パパを逃がすまいと手をつないでくる息子の手を
振りほどく訳にもいかず、ダッコしてなだめる俺。

しばし準備作業停止。

遅刻確実・・・

O下君スマン・・・


少し機嫌が直ったところでダッコ終了。
タイポンはまだ3歳半なのだがBIGなので洋服を着ると
20KG近くあるのですよ。つまり、長時間のダッコは
背筋と上腕二等筋が確実にパンプします。


話をムリムリぶった切って、仕事だから仕方が無い
ということにして強行に荷物を車に積み込み、
車のジュニアシートを降ろすと、

「パパ今日は、くるまでいくの?どうしてくるまなの?」

なかなか鋭いじゃないか息子よ!

パパの会社は日本橋だ。
普段は車で行くわけがない!
おりこうになったねぇ~


「ん・・・今日は車なんだよ。。。」

と何の説得力もない返事で返す俺。
納得してないのか、単に眠いのか微妙な息子。

こんなときは・・・

くすぐって誤魔化す!
これに限る。

「ウヒャヒャヒャ」とようやく強制的に笑顔になったタイポン。

そうこうしてると救世主(嫁)が2Fから降りてきた!

サンクス。

タイポンをムリヤリ嫁に預けて車に乗り込む俺。
O下邸には30分遅れの到着。

しかし、関越⇒圏央道のセレブドライブでカノトへ向かう。
30分遅れもすっかり取り戻した頃、ミノルからTELが。

「神戸園のすぐ近くまで来てるんすけど、工事中で通行止めで
行けないっす。歩くと40分ぐらいかかるそうなんすけど
どうしますか?」


まじっすか・・・(ToT)


「とりあえず、そこまで行くよ。」と返事。

ミノルのTELどおり神戸園への分岐で工事の誘導のおっちゃんが
「ここは通行止めで・・・」
という説明を受けるが、なんだかミノルが受けた説明と
微妙にちがう。とりあえず、その先にミノルが止まってる
のでそこまで車で入りみんなで作戦会議。
迂回も考えたが時間の大幅ロスは避けられない。

結論として、車でいけるところまで行き、
ダメになったら歩くということにした。

しばらく行くと閉鎖中のマス釣り場を発見。
そこには無料(?)駐車場と書かれている。
(マス釣り客のみだろうが・・・)
閉鎖中なのでここに止めて歩く。

しばらく行くと工事中の道路を発見。

なんだよ。思いっきり車通ってんじゃん!!!

近くの誘導のおっちゃんに聞いても
「大丈夫ですよ!車通れますよ!」だって(>_<)
結局、車を取りに戻って神戸園まで車で到着。

車を止めてアプローチ1分以内でアルファ岩を発見。
20070216022831.jpg

やはり高い。

その向こうのブラボー岩は既に誰かがいる。
おっと○クス○リバー軍団だ。
ムタンテ(四段-)を狙っている模様。

アタクシ達は先ずはその先のデルタ岩へ向かう。
20070216030828.jpg

ここには先客が1人だけ。
とりあえずここに荷物を降ろす。

で、その先の岩でアップ
20070216022840.jpg


アップ後にデルタ岩に戻った頃には人が増えていた。
まあみんなが登れそうなのはここしかないしね・・・
俺も含めて(>_<)
20070216022939.jpg


軽くトライしてると、このエリアを開拓した徳○さんがやってきた。
デジカムを持ってる。そして徳○さんに遅れること数分。

大先生の○ージさんが登場!!!
お約束のマット2枚です。
サブパットも入れると4枚ぐらいあります。

散髪してチョビヒゲを生やしてるのですんげぇ迫力!
なんでもプロジェクト(推定五段?)をトライしにきたらしい。

一気に場の雰囲気が変わりました。

大先生がホールドの掃除を始めると誰も岩に寄り付かない。
いや、すごいオーラで寄り付けない。
アップでヴァグと和となんだかわからない最近出来た3段
の課題とかをサクサク登ってプロジェクトへ。
アップだけでも見る価値十分です。
いいもの見せてもらいました。
20070216022912.jpg


結局プロジェクトは失敗に終わったのですが、
核心が始めて止まったとかなんとか。
まあ登れるのも時間の問題かと。

しかし、あの背中のデカさ!肩や腕の太さ!
動きの確実さ!体幹の強さ!にはビックリです。
アタクシもそんな体になろうと誓った瞬間でした。
20070216031144.jpg


ちなみに、大先生の掃除中に自分のペースでトライしていたのは、
唯一Oッシーさんだけ。凄い。
20070216023005.jpg



さて、アタクシ達はと良いますと。

ディエス(初段+)は直上ラインと思ってトライしてたが、
上手い人(大先生ではない)からラインが違うと説明を受け、
左から抜ける方法をトライ。しかも出来ず。orz
そして、大先生が来て、
「ボクが登ったときはまっすぐ抜けたんだよね。
 その後、みんな左から抜けるようになっちゃったんだけど。」

じゃあ最初のムーブでよかったんじゃん。
でも敗退。

その頃には既に気持ちはクリームタイムへ移ってましたわ。

アタクシは、どうやら出だしの部分が苦手のようだ。
そこさえクリアすれば後は比較的得意系なのに・・・

ミノルとY仲さんはデルタ岩の途中の適当なところから始めて
マントルで上に抜ける課題が2Qと聞き、それにトライしていた。
20070216022926.jpg

Y仲さんは、インドア12b/cの実力どおり完登。
20070216022946.jpg

で、ミノルはなかなか抜けられない。

そして、ミノルのその果敢な突っ込みが悲劇を生んだ・・・

マントルで力尽き若干回りながら落ちてきた。
しかも、右足はマットの外にあった下地の岩に着地!
その下地の岩には、撮影用の銀のゴザが敷かれていて
岩の存在を見落としていたのだった ○| ̄|_

結局、ミノルは右足の 距骨骨折 + 捻挫 というダメージを
負うことになった。
最近上り調子だっただけに残念だ。

マントルは落ち方が様々なのでスポットも難しいのだが、
それでも理想は、怪我せず落ちて欲しいし、可能な限り
怪我させないような上手なスポットをやりたいと思う。
そして自分も怪我しない落ち方を身につけたい。

個人的な感覚だが、特にルートクライマーはボルダリングで
突っ込みすぎる人が多いように思える。
ボルトルートでは出だしや特別にランナウトしていない限り、
突っ込んだ結果フォールしたところで基本的に怪我はしない。
しかし、ボルダリングでは、自ら飛び降りたときでさえ骨折する
可能性を秘めている。
限界から次の一手を出せるかどうかが勇気であり強さなのだが、
それ以上に、本当にダメな場合の見極めと着地態勢を整えるだけ
の冷静さと余裕も併せ持ちたい。

今回は足でまだよかったと思うことにしようと思う。
頭や首や背骨じゃなかったから。

今後はよりいっそう安全に気を配りたいと思う。


ミノルは、かなり冷たい川の水でずっとアイシングしていた。
キッチリ直してから復活して下さい!
20070216023020.jpg



ちなみに、ピラさんと一緒にスチャダラ(二段)もトライしましたが全く歯が立たず。
20070216023128.jpg

全てのムーブが自分の限界に近いため繋げると不可能に感じる。
これはすぐに登れる課題ではない。
根本的に身体張力が全然足りていないことを痛感した。

一言で言えば「鍛えなおし」ですね。

新たな目標が見つかった感じです。


スポンサーサイト
DigitalClock
プロフィール

ワキサン

Author:ワキサン
美味いワインと飯とクライミングとファミリーが幸せの素。
自分がタバコをやめてからは大の嫌煙家。
あと、微妙にいろんなグッズの収集癖アリ。

訪問者
今の閲覧者
現在の閲覧者数:
無料カウンター
リンク
あなたに伝えたい、偉人からの伝言
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。