--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-10

The North Face Cup A5 2007 を終えて

The North Face Cup A5 2007 を終えて思ったことを備忘録として綴ります。

今回のコンペで成功したことと失敗したことは以下の通り。

<成功したこと>
・トレーニング方法
  外を封印して1ヶ月集中してジムで登り込めたのは良かった。
  おかげで2級なら一撃~数便で完登出来るようになったのだが、
  登ってた課題に偏りがあったことは否めない。
  つまり、登ってた課題にはカチやポケット系の課題が多く
  ノースカップで出たようなスローパー系の課題への登りこみが
  圧倒的に不足していた。
・減量
  62kg以下を目標に絞っていったが、200g足りないところまで
  絞り込むことができた。
  指への負担という意味でも軽量化は役に立ったと思われる。
  その反面、筋力は低下していった。クライミングは力ではないが、
  技術が無いなら力で解決するのもひとつの方法である。
  今後は64~65kgまで筋力UPしようと思う。

<失敗したこと>
・前日の食事
  ガス欠にならないために、前日に炭水化物を多く採ることを
  心がけたが、普段の減量で小さくなった胃に炭水化物ばかり
  バカ食いしたおかげで胃腸がやられ、コンペ前夜からずっと
  胃痛と便秘(胃腸の活動が停止していた?)に悩まされた。
  何事も程ほどにするべきでした。
・コンペ慣れ
  ノースカップの前にいくつかのコンペに出て場慣れするべき。
  コンペに不慣れなのは痛かった。
  慣れてないと一度動揺すると立て直すのに時間がかかる。
・出題課題レベルの見誤り
  去年と同レベルの課題かとおもいきや、予選課題は全体的に
  去年より難しいと思われる。さらに準決勝課題についても
  少しだけ難しかったのではないだろうか。
  調整段階からもっと難しい課題を登りきる力を身に付けて
  おくべきだった。完全に自分の力不足である。
・スローパー対策
  遠い激カチ課題なら自信があったのだが、スローパー課題は
  基本的に苦手である。しかし、コンペで比較的多くでる課題は
  スローパー課題である。苦手系課題の登り込み不足を痛感した。
・遠いホールド対策
  元来遠い課題は得意系である。しかし、何故か最近やってたのは
  鯛Cさんのカチ課題ばっか。そもそも課題選びが間違ってた。


<今後のトレーニングについて>
今後の強化ポイントは以下の通り。
・スローパーの強化
・ポケット(特に一本指)の強化
・甘い(外向)ホールドの強化
・パランスが悪いムーブの強化
・ヒールフックの強化
・ランジの強化

つまりI井さん課題をやるってことだネ。


そして実践的なトレーニングも必要である。
・ムーブの読みのトレーニング
  課題を覚えてから二分以内に登りきる(決勝ラウンドを意識)
・セッション方式で休みを入れないトレーニング
  予選、準決勝と自分のタイミングでは登り始められない。
  よって、短い間隔で取り付き登りきることで、フレッシュな状態
  でなくても登れるクセをつける。
  回復力UPのトレーニングにもなる。
・体力トレーニング
  無駄打ちしても減らない体力が欲しい。


そして最終的な目標としては以下の通り。
・1級を2分以内に登りきる
・コンスタントに初段が登れる


コンペでは普段の実力の6~7割程度しか出せないと思った方がいい。
もっともっと実力を付ける必要を感じた。

弱いから登れない訳で強くなれば問題なし。

来年には、ミドルクラスに出るのは卑怯だと言われるぐらい
強くなって戻ってきたい。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

DigitalClock
プロフィール

ワキサン

Author:ワキサン
美味いワインと飯とクライミングとファミリーが幸せの素。
自分がタバコをやめてからは大の嫌煙家。
あと、微妙にいろんなグッズの収集癖アリ。

訪問者
今の閲覧者
現在の閲覧者数:
無料カウンター
リンク
あなたに伝えたい、偉人からの伝言
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。