--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-07

大いなる河の流れ

待ちに待ったガビガビンの季節がやってきました。
特にスローパーが夏とは全く別物のホールドになってます。

IMG_0099.jpg

IMG_0100.jpg

そのおかげでアタクシもついに落しましたよ。

    『大いなる河の流れ』  ってやつを。

しかし、不覚にもデジカメを忘れてしまいました・・・

ゴル 『動画撮りましょうか?』
ワキ 『あ、デジカメ忘れたんですよ』
ゴル 『じゃあ携帯でも・・・』
ワキ 『あ、携帯があったか!でも動画は画質がイマイチだったような・・・』
濱兄 『俺持ってるよ!画素数はどっちがいいかわからんけど』 とiphoneを取り出す。
ワキ 『あ、ほんまに?じゃあお願いするわ。画質はどんなもん?』
濱兄 『こんな感じだけど。↓』
     IMG_0101_70.jpg 

ワキ 『おお、ええやん!全然問題ないよ!じゃあお願い!』
濱兄 『了解』

んで、ホールドを磨いて
IMG_0102_70.jpg

本気トライ1発目!

IMG_0104_70.jpg

IMG_0105_70.jpg

IMG_0106_70.jpg

IMG_0107_70.jpg

IMG_0108_70.jpg

IMG_0109_70.jpg

IMG_0110_70.jpg

IMG_0111_70.jpg

フレッシュパワーで登れちゃいました。


濱兄 『良いのが撮れたよ!』
ワキ 『アザース!』
濱兄 『ほれ。』 iphoneの画像をスクロールさせる・・・

ワキ 『・・・・・・・・・・・・・・・・・?ん??』



  これって写真やん!動画ちゃうやん!  ○| ̄|_


ま、そんな感じでも登れましたわ。

to濱兄
   写真ありがとうございます。

toゴル
   ゴルさんもスポットありがとうございました。そしてマボピカおめでとうございます。


2008-06-04

泣きの1回 TWO MONKS ついに・・・

前回の悔しさを抱えたまま夏を越す事は耐え難く、さらにムーブを
忘れる可能性が限りなく大きい(>_<)
なので、家族と調整して入梅前最後の晴れと噂の高い 6/1 に小川入りすることを決めた。


GWよりトライし始めた TWO MONKS だが、最初は可能性が限りなくゼロに近い状態
からUGさんにスタンスを聞いて安定して壁の中にいられるようになったのだが、
安定していないのでスタティックに左手を伸ばせず落下というのを繰り返していた。

しかし、それを克服する発想が前回の小川山へ向かうF皮号の車中で生まれた!

ワキ 『いやぁ~TWO MONKS のピンチの持ち方がイマイチわかんないんですよね。
   人差し指がしっくりこないというか・・・』
F皮 『そうなんすか、ピンチで持った事ないなぁ~』
ワキ 『Fさんのぶっとい指では左側の穴の位置を感じることすらできないっすよ!』
エフ 『マジっすか?!じゃあアタクシ小指を突っ込みますよ!』
ワキ 『Fさんの小指だったらオイラの人差し指ぐらいだからいいんじゃないですかね?
   えーーーでも、小指っすよぉ~ ゲラゲラwww』

なんてくだらない会話をしてたことさえ忘れ去っていたのだが、
ムーブに煮詰まったFさんがついに小指ムーブを決行!!!
リップキャッチには至らなかったが、明らかに今までの最高到達点をマーク。
興奮気味の顔でイケルと連呼。
それを見てアタクシも便乗。

おっ!!!イケル!小指だ!!!

それからは、Fさんとアタクシは完全に白い小指人(by vic)に夢中。
Fさんは完全小指一本でアンダー気味に、アタクシは親指~小指で
ガッツリ握ってピンチでひきつける感じで立ち上がるとリップ取りが
成功率100%に大変身!

しかし、㌧ちゃんを除いてヴィクさんとかパブさんには全く広がらず。

カニちゃんに至っては小指どころか片手コンケーブに夢中。

小指ムーブを編み出してからは、小指の使い方こそ違えど、
アタクシとF皮さんはリップ取りは100%になってきた。
しかし、素晴しい天気のおかげでその後のムーブで苦労することに。
何しろヌメるヌメる。。。
その後も以外に悪いし・・・

その後、ムーブディクショナリーのカニ先生に細かなムーブを聞き出し、
ようやくリップのマントルの体勢まで辿り着き、左足に乗り込み右手を出し、
左手も出したところで左足が滑って落下。
どうやら左足を乗せる位置がおかしかったようで。
しかし、体が完全に上がっていた状態から落下したので相当な高さでしたわ。
マットが小さく見えたし、落下の衝撃で自分の膝で顎を打つし、
ムチ打ち気味になって首が筋肉痛になったし・・・
結局、そのトライがその日のベストってことで終了。

で、Fさんは最後の最後に見事完登!!!
あれだえ激打ちした後、夕方に登りきるとは流石です!


アタクシは顎の痛みと共に見も心も敗退となったのがホンノ2週間前。

で、悶々としたまま2週間が過ぎ、今日に至ったワケですがさて。

6:40に北千住で待ち合わせ。
ゲン担ぎが好きなアタクシですが、前回と同様にメガマックを平らげる。
そして国立でトンちゃんをピックアップして5名乗車でNANA'S経由で廻り目平へ乗り込む。
P1060653.jpg

新緑の小川山は非常に気持ちが良い。
P1060654.jpg

P1060655.jpg


GWとは打って変わってガラガラの廻り目平で、ヴィクター近くまで車を乗り入れ、
万全の体制で挑んだ。
気温自体は前回ほどではないが、雨後だけにどうなっていることやら???

ゆったり目のアップをこなし、本日1便目の TWO MONKS です。


前回なんであんなに苦労したのだろう?って思えるぐらい余裕タップリの登りで完登でした。


この日は、UGさんが逆モファットを落したり、ヴィクターをダブルダイノで止めて落したりと
相変わらずの好調っぷり!

アタクシもモファットも逆モファットも手をつけるがなんかモチが沸かず。
なのでヴィクターをやることにした。

ダブルダイノは無理。
なので、スタートホールドから右手が切れずに左手出しでタナの右端を押さえることに成功!
これはコツさえつかめばすぐにできるようになります。要リーチですが。。。
あとはそこからの右手の寄せが核心ですね。
一言で言えば、右足をスタートホールド近くに置くような感じで右手をデッドで飛ばす感じですね。
このとき、右足は全く効いてません。

ヴィクターの抜け口で2回おちましたが(>_<)なんとか完登しました。

㌧ちゃんだけはTWO MONKS を執拗に打ち続けているが、他の人は若干飽き気味。
縦ダイクの誘いもちらほら出始めてきたので移動。
P1060658.jpg

P1060669.jpg

UGさんはいつ登ってもおかしくないぐらいの登りでした。
最後の抜けで苦戦中。
P1060672.jpg

P1060679.jpg


㌧ちゃんはTWO MONKS を諦めたが、こっちのモチは相当高かったようで。
P1060676.jpg


その後も交代でトライするもヨレが出始め完登者ゼロという結果に。

P1060681.jpg

P1060683.jpg

P1060686.jpg


捕獲されたオナップ星人
P1060668.jpg

オナップは何気に延長サブウェイ(1Q)の後半を落してました。


その後はマッタリした空気が流れ始め、林の中にまで歩いていく元気もなく、
玄関岩で小川山ジャンプをやったり、カンテ1Qをやったりしてました。
P1060687.jpg

P1060689.jpg

P1060691.jpg

小川山ジャンプはサヨウナラでしたが、UGさんはカンテ1Qが得意系との予想どおり
2~3便で落してましたわ。
UGさん以外の4人はマシンガンセッションを繰り返した末、㌧ちゃんとアタクシが
登り切りましたわ。F皮さんは再登ならずで。


そして恒例の 天女の湯 ⇒ ラーメン で帰路につきました。
途中、F皮号のガス欠をマジで心配したりしてヒヤヒヤでしたが。


次回の小川山は夏休みのキャンプの予定っすね。

2008-05-06

GWの廻り目平

今年のGWは実質4連休である。
当然渋滞も集中する。。。
P1060471.jpg

朝5時に家を出て若干出遅れ気味と思いながらも、昨年末にできた
中央環状新宿線のおかげで高井戸まで渋滞知らず。

しかし、ETCのゲートをくぐると急に渋滞が始まった。

まだ5:40なのに・・・

調布ICで降りようかと一瞬迷ったが高速の方が結果的に早く到着すると信じていたので
そのまま渋滞に突っ込んだが、まったく動かない。
しばらく待って稲城で降りて甲州街道を進もうと決意するも、すでに渋滞らしき列が・・・

そこで偶然にもナビが別の道を案内した。

どこに向かうんだ? と広域地図に切り替えると、確かに甲州街道よりは移動距離が
少なく見える。
ん?御岳の横を通過して奥多摩を抜けるのか・・・・良いかもしれない?!
と偶然ナビが案内した411号線ルートを採用した。(緑ルート)
小川山へのルート図


途中、ミノ兄と連絡を取り合って、こちらの方が早く山梨県に入ったのだがそこからが長い!
ずっと山道のため娘が車酔いでゲロンパ。
2回目のゲロンパしたところで入った駐車場が偶然にも西松屋だったこともあり、
そこで娘の服の上下を購入(上下で900円也)

その時点でミノ兄はすでに清里あたりとのこと。

うーん完敗orz

渋滞の20号を進んで相模湖から高速に乗ったミノ兄に完全に逆転されましたわ。
渋滞でも高速に乗り続けた方が良いってことですかね?
今後の教訓ってことで。

下道を運転するのが嫌になり、甲府南から高速で須玉まで。
須玉では出口渋滞にカスりながらもナナーズに到着。
ここでUGさんから連絡が入り、朝一は岩が濡れてて登れなかったので今までマターリ
してたとのこと。(ゴルさんとFさんを除いて)

そんなアタクシも廻り目平になんとか到着。
すでにタープを張り終えたミノ兄家と合流。

息子達をミノ兄娘に託して岩場へgo!
P1060472.jpg


アタクシの狙いはもちろん two monks
UCさんのスタンスを教えてもらいながら執拗にとらい。
実質2時間ちょいだったが、激撃ちでした。しかも登れず。
子供達はうどん作りにいそしんでおりました。
P1060473.jpg

P1060474.jpg

今日は清里のペンションに泊まるので廻り目を早々に後にする。

ミルクプランナーでソフトを食ってチェックイン。
P1060496.jpg


築26年のため豪華さは皆無だが、小奇麗に掃除された館内。
P1060482.jpg

豪華とは言えないいまでも十分な晩飯。
風呂場のお湯の出がいまいち安定しないのがたまに傷だが、
それ以外は十分満足できる。

これで一人●●●●円とはね!
P1060480.jpg

今年の秋とか来年のGWもアリかも?!
P1060487.jpg
P1060488.jpg


P1060489.jpg


P1060491.jpg

慌しい朝食。
P1060500.jpg

P1060502.jpg

清里も快晴。
P1060505.jpg



さて、GP二日目もゆっくり目に廻り目平に到着。
すでに満車で止める場所が無いorz
仕方なく、入り口付近に路駐する(すんません)


ハマ兄は既にヴィクターに行ってるらしく、ファミリーは既に川原遊び中と置手紙が。
途中道に迷いながらも嫁と子供達を送り届けヴィクターに向かう。
P1060507.jpg

P1060508.jpg

既にハマ兄とヨスコ嬢が大セッションを繰り広げておりました。
そういえば、中華さんもいました。お久しぶりっす!

アタスは昨日はまったく良いところが無かったが数うちゃなんとかなるだろうってことで、
今日もtwo monks
UGムーブがまったくできないため、惜しくもなんとも無いムーブが続く。
スタンスは完璧なんだが、ピンチの持ち方がわからない。
指皮と時間だけ過ぎていく・・・

ヨスコ⇒ハマ兄の順で三日月陥落!
ハマ兄がくじらに移動するっつうんで、グロバッツを激しくレコメンしておきました。

アタスは激しく打ち続けるもまったく登れる気配茄子。
そしてタイムアップ。
タイポンと岩登りするっつう約束を果たしにを迎えに行くと・・・

「タイポン、岩登りいこうか?」
「ううん。まだここで遊ぶ。」
「・・・そうか。」

で、子供達はハマ家の大黒柱より怒られる回数が少ないっつう
ネ申のような娘達に預けてくじら岩へ向かう。

ハマ兄とキャップ、カニちゃんはグロバッツで激打ち中。

ムーブを聞かれたので何故かアタシもセッション参加。
高さに敗退して再登ならず。。。

キャップも惜しい感じなんですがね。
カニちゃんは苦手系っぽい・・・

くじらで適当に時間潰して子供達を回収して廻り目を後にした。
P1060509.jpg

P1060513.jpg

P1060516.jpg


急ぎでミルクプラントでソフトを食ってペンションへ。

今日はジャガイモのスープですな。
たっぷり水菜の下は豚肉のソテーがありんす。
P1060519.jpg
P1060521.jpg


朝食はハムがウインナーに変わった感じ。
この卵は明らかに味付け失敗だとおもうのだが・・・しょっぱ杉!
まあ、それも相殺するぐらい楽しかったのだが・・・

三日目はくそ渋滞の予想と天候が傾きかけたってので
急遽予定変更。ペンション近くの小須田牧場へ。

P1060530.jpg

P1060529.jpg

タイポンが突然「おうまにのりたい」と言い出した。
「ぱーちゃんと乗りたいの!」
ってことで、アタクシまで乗る羽目に。
P1060548.jpg

P1060553.jpg

P1060559.jpg


本人は非常に楽しんでいたのでまあヨシとしましょ。

その後は渋滞を避けるため帰路についた。
おかげで渋滞はゼロで家まで到着。

今日ワンデイのヴィクさんと一緒に登れなかったことは心残りです。
次回一緒に登りましょ!!!

two monks はリップ保持はまだまだですが、なんだかいけそうな気がしますね。


嗚呼、早くキャンプしたい!!!


2008-04-28

DOBON

以前より予定されてた塩原ですが、天気予報通り土曜日までキッチリ雨が降ってたので、
日曜日の天気は大丈夫なのだが増水が気になるところ。

早速VICさんに電話すると、餅が全然ねぇ・・・
貴重な岩場チケットを不確実なコンディションで使いたくないという気持ちは痛いほど伝わります。

そして、パブさんは・・・
「行ってもいいけど、やりたい課題(オモルグス、雛、match)はすべて水没でしょうね。。。」
とのこと。おっしゃるとおりかと。。。

次はミノ兄ですが、こちらは以外にもどっちでもいい感じ。まあ、手首のリハビリなんで
少しでも登れればいいとのこと。

ラストは、キャップ。
こちらはもちろん中止んなんて微塵も考えてないようす。
F号も中止ってなんですか?って感じらしい。

アタクシもちょっと悩みましたが貴重な岩場チケットを使っていくことに決定!!!
まあ、オモルグスができなくてもワラビーはトライできるでしょう。
それが無理ならスズメバチも残ってるし。

結局、こちらの車はミノ兄、キャップ、アタクシの3名で向かうことに。
5名乗車のF号と佐野で合流して塩原へ。


現地に到着すると以外にも車が多い。釣り人だろうか?
早速水の量を確認すると・・・多い。
野立岩の下は完全に水没している。
そして、後悔岩はどうか???
完全にできますね!そして、ボルダラー達がうじゃうじゃいます。
後悔岩はすでにワラビーラインに沿ってマットが敷き詰められています。
(ちなみにフライハイはアウト)
200804201148000.jpg


じゃあ、皆さんお目当ての水岩は?というと・・・
200804201150000.jpg

ハイ終了。チーン。(~人~)
(それでも千のスタート位置にマットを敷いた㌧ちゃんに感動)

アタクシは狙いをワラビーに絞ってパブムーブを確認するも、まったく覚えてないorz
仕方なく、UGさんとすべてのムーブを起こして行き後はつなげるだけの状態に。
この時点ですでに指皮はヒリヒリ。。。

後悔とセンターマンを数便で終わらせたリハビリ中のミノ兄は”鳥(2Q)”を敗退とのこと。

ちょっとレスト中に、㌧ちゃん、ナオミツさん、ヨスコさん、UGさんと、マントル課題をトライ。
ナオミツさんにとびつきマントルのムーブを伝授中のUGさん↓
200804201314000.jpg

ほらねっと↓
200804201314001.jpg


㌧ちゃんはこっちのラインが気になるようで。
200804201413000.jpg

トーーーーーン
200804201413001.jpg

敗退土下座↓
200804201414000.jpg
ちなみに㌧ちゃんは、この後2Qラインをキッチリ完登しておりました。

レスト中のUGさん。
200804201415000.jpg

本気トライ↓
200804201501000.jpg

しかし、敗退orz
その後、いくつかムーブを変更した模様。

ちなみにアタクシはというと、本気トライ2本目に後悔2Qの2段カチの上を保持できずに落下。
次のトライのかけるために長めのレスト・・・のはずが、Fさん達がドボン(初段)をやってる
ではありませんか!!!
その課題にマットが大量に敷かれることは少ないのでここはひとつ軽く混ぜてもらうことに。
軽いトライのはずが、みんなのムーブをパクりまくると思ったよりもすんなりと上部のカチが
取れる!俄然やる気が出てきました!

ちゅうわけで、Fさん達と怒涛のトライを繰り返し、上部をハイスタンスで乗り込み左手を
伸ばしてタナのガバをとるムーブで解決。(ちなみに上部のムーブは多数あります)
この課題に触るのはこの日が初めてだったんですが、なんとか1日で落とせました。
非常に良い課題です。上部と下部でまったく違うタイプの課題でした。

いやぁ~塩原に来て良かったですよホント!キャップありがと。
200804201715000.jpg


その後はワラビーを登りきる指皮があるわけでもなく・・・
エロンチョ岩周辺でマントル課題でお茶を濁して終了。


最後は恒例の餃子園でたらふく食って終了。

春にもう一度だけ行きたいですね。



岩場チケットがあまってるならですが・・・


2008-04-07

ついに・・・永かった『千』

昨年12月の塩原では、あまりの寒さ+強風にクラッシュパッドで防風壁を
作りながら耐え忍ぶのが精一杯の状態に心をへし折られて
『みかえり温泉彩花の湯』逃げ込んだ前回の記憶が色濃く残るため、
次回の塩原は某ブログを見ながら慎重に選びましたわ。

で、そろそろ大丈夫だろうっつうことで4月第一週に狙いを定めてGO!

奇しくも1年前のこの日にパブさんが『千』を落としてるんですよね。
今日のアタクシもそれにあやかりたいものです。

クライミングのコンディションは前日の睡眠に左右されるっつうことに
ようやく気づいたので、金曜日は定時ソッコー帰って早寝する予定が、
家に帰ったら0時、そこから風呂、飯、酒で寝たのは2時半orz

んで、7:30待ち合わせの東川口には・・・


みなさん申し訳ありませんでした。


で、佐野で㌧号と合流し11時前に現地到着。

多少風が強いような気がするが、気温が低くないので大丈夫。
コピー ~ P1060174


今日は釣り人も多く駐車場は割りと多め。
後悔岩の前は既に賑わってましたが水岩にはまだマットが敷かれてない。
ま、そんなこともあろうかと、ありったけのマットを持ってきましたわ!

後悔とセンターマン(やや左)でワイワイ言いながらアップ。

そして、岩場でよく会う激ツヨ女性が水岩にマットを移動したので、
アタクシのマットも移動。
するとみんなのマットが水岩に集結し始め一気に完全ジム状態に。

入念にムーブを思い出して気負わずに最初のトライ。
  ↓
千 (二段)


ついに登れました。
トータル7日目ぐらいでしょうか?
全てのムーブは割とすぐにできるようになって、
2日目から繋げに入ったのですが、そこからが永かった。
上部もアップで登れる程なのに、繋げると何故かダメ。
寒さで指の感覚がなくなったり、ヌメったり・・・
しかし、ようやく登れました。
スポットして頂いた方々ありがとうございました。


千を終わらせたので次はそろそろ野立岩の課題に着手したいなぁ~
っと思って一番お手軽な『オモルグス(初段)』をやろうと移動。
既にトライしている人にラインとムーブを聞くがなかなか厳しい。
コピー ~ P1060188


スタートの持ち方から試行錯誤してキョンムーブが一番しっくりくる
ことを発見。どうにか1手目を止めることが出来た。
しかし、その後のムーブに悩む・・・
コピー ~ P1060191


オモルグス(初段)


1手目を左手出しなら次が楽なんですが、右手で取ると、
薄いカチでマッチする必要があって・・・
でも、フレッシュならばイケそうですな。
でも、次回への宿題ってことで。
問題は強風に飛ばされるマットですかね?
アタクシのレボも一度水没しましたし。流されなくてよかった。

気分転換に水岩へ戻ろうと・・・

ちなみに野立岩のメインにはセレブ達の土木工事により風を遮断する
ためのブルーシートが!そしてマットも完全体勢でした。
コピー~P1060190

いつかこの課題をトライする日がくるのでしょうか???

水岩に戻ると水longを落としたUGさんは足湯に行ったとか。

コピー ~ P1060187


1便目でかなりいいとこまで行ったヴィクさんは登れそうで登れない悶絶地獄。


何故か水longを落とせない㌧ちゃんは千も平行してトライ。
コピー ~ P1060207


行きの車内で。
ワキ:カニちゃんは塩原で何狙ってるの?
カニ:いやぁ何にもないですね。
ワキ:そうなの、そういえばスズメバチは?
カニ:まったく興味ないです。
ワキ:あっそ。前回激撃ちしてたような気がするが・・・
    じゃあ千とかは?
カニ:全然モチ湧かないんですよねぇ~

と言ってたにも関わらず
コピー ~ P1060197


これにキャップが加わると今年の『千』は賑わいそうですね。


夕方になると気温も下がり強風により体感温度はかなり低め。

陽も陰り、疲れ&ヨレのためにみんなの最高到達点が
下がってきたので『みかえり温泉彩花の湯』へ。

早めに出るとかなんとか言ってたくせに20時までしっかり温泉を満喫。

その後に恒例の餃子園ツアーですが・・・


電話しても出ない。
店まで行くと明かりは付いてるのだが弊店臭い。
近くに10時までやってる店を探すと1件あったのはここ↓
コピー ~ P1060213


ふつうの中華料理じゃまいか?
客の数に若干の不安を覚えつつ入店。
全員がラーメンセットに心を奪われて餃子注文数はゼロ。

ひとつ言える事は、量は相当なものでした。
麺も伸び気味・・・
今後の定番になるかどうかは不明ですわ。これで1180円。
コピー ~ P1060215

コピー ~ P1060214


DigitalClock
プロフィール

ワキサン

Author:ワキサン
美味いワインと飯とクライミングとファミリーが幸せの素。
自分がタバコをやめてからは大の嫌煙家。
あと、微妙にいろんなグッズの収集癖アリ。

訪問者
今の閲覧者
現在の閲覧者数:
無料カウンター
リンク
あなたに伝えたい、偉人からの伝言
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。